■プロフィール

梅入

Author:梅入
トゥルー県在住な
漫画中毒者です
最近は自作小説作ってます

めぇる↓
うめいり1あっとgmail.com
「うめいり1あっと」を半角英数にして下さい。返信はコメントとかのが反応は早いです


ツイッターしてます

pixivはこちら




:::イベント:::


True my Family

文学フリマ

■↓将来欲しいメイド人数

■魔法少女リリカルなのは二次創作小説
■Baby Princess二次創作小説
■その他二次創作
■オリジナル創作小説

    準備中

■最近の記事
■カテゴリー
■Twitter,ネット情報関連
■日記、文章(敬称略)
■絵、漫画系(敬称略)

■創作(二次)小説系(敬称略)
■小説情報系(敬称略)
■社会情報
■食べ物屋メモ
■その他
■お知り合い
■ブログ内検索

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
C85コミケ参加いたします。
ということで、コミケ参加しますー。

配置→コミケ三日目 31日 火曜 東ユ26b


Twitter / umeiri: コミケのべびプリ本で春風とヒカルの入れ替わりネタの本の表紙こ...

こんな感じの表紙になりますー。
中身は小説本です。
一冊100円です。


春風さんとヒカルが身体入れ替わったりするとかそういうお話です。
やっぱり春ヒカはいいなぁ。何やっても可愛い。可愛い。

いつもと違う感じの春風さんとヒカルが出来ました。
春風さんが王子様になったら、これはもう可愛いに違いないなっていうのがありましたので、その辺をあれこれしようかなって。どうしても作業期間が短いので、足りないところが多々あるんですけど、脳内補完でなんとかするのも楽しいと思いました。


ここんところ忙しいので、どうにかもっと簡単に更新できる方法はないかなと思って、Tumblrを試してみてるので、そっちに色々置いたりなんだり調整してみようかと考えてたりもします。

ブログは便利なので引き続き使いたいです。

Tumblrはなんか昔のhtmlで作ってた頃を思い出すので、いじって便利に使いたいところです。


ということで短いですけど、まだ表紙が完成してないのでこのへんで!


未分類 | 21:48:37
べびプリオンリーでますー
何だかいっぱいいっぱいで忘れてましたが、
べびプリオンリーでますー。

Baby Princess オンリー同人誌即売会「ファミリア ライフ」 - トップページ

配置はT4ですー


新刊は「マリみづ中学生になったときはこんな事してるんだろうなー」っていう小説本です。


結構良くある王道っぽいお話になっています。
でもそういうのが見たかったんです!!

あと観月は成長すると淫獣学園とかに出てこれそうなイメージで書いたりしました。
マリー総受けです。マリーはむずいですね。

あと、豪華なゲスト様がいらっしゃると思います。困ってたら助けてもらえてありがたいかぎりです。


という、今現在進行形でまだ作ってる所なので、がんばります。
ぎゃー!!!!


未分類 | 16:28:10
コミケ参加情報
コミケにでますー!!



配置:東6ホール ツ-51a
サークル名:珈琲みるく症候群


新刊

木花学園VS音ノ木坂学院 スクールアイドルプロレス千代田区予選第一試合

長いのでタイトルは「輪」の一文字にしてます。あ、小説本で一冊100円です。
ようするに、

霙、春風、ヒカルの三人とμ'sがプロレスで戦うクロスオーバーものです。

ラブライブっていうのがスクールアイドルじゃなくて、プロレス大会の事さしてたら面白いよねとか、そもそもラブライブの世界がプロレスだったらどうだろうとか、そんなお話してたのが発端でした。
それで、梅雨ぐらいに書いてたら、やっぱり途中でヒカルとか出てくるんですよ、自然に。

べびプリとラブライブのクロスオーバーとかあんまり書く人居ないと思うので、折角だからこのまま書いてみようということで、作ったりしてました。

あんまりプロレス詳しくはないですけど、ちょっとプロレスネタとかも入れてみました。
基本のストーリーラインはラブライブのアニメに沿ってるようで、沿ってません。


あとですね、いつも家族の事は書いてきたんですけど、家族以外の他人から見た天使家ってどう見えているんだろうという視点も踏まえて書きました。そこが自分としては一番面白かったです。
ヒカルはもうすんごい有名なんだろうし、霙姉もきっと生徒会長として実は都内じゃ有名なはず。でも、春風さんは意外とその存在を知られてないと思うのです。普段はおしとやかなお姉さん…のはずなので。

他人から見たら、うちの姉妹はきっと脅威です。
どこの子も一筋縄ではいかないですし、何より結束力は他に類を見ないので。
そういうのも書けてるかなぁとか。
結構他人視点は面白かったです。

あと私の脳内設定姉妹なので、色々と大本のトゥルー世界とは違う所もありますけどご容赦ください。


委託情報


Mint Blue+Suger

ゆいざきさんが5月に出された新刊を預かっております。

True Box vol6

価格:500円

小さい子を連れて、みんなでピクニックに行くお話でした。
読んでて、うふふふふふへへへへっへって頬がどろどろに蕩けていきました。



******************

という事で、大体上記のようなものがあるかと思います。
他にもなんかあったら持っていきたいのですが、今回は特殊な日程で今一つ動けないという。
本当は久しぶりにまたコピー本のあれをやってみるのも良いかなとは思ったのですが、自分の都合でどうしても手があけられませんでした。

でもでも、べびプリオンリーは秋にありますから、そっちは頑張りたいと思います。






そんなこんなで本を作るためにひたすら書いてたので、更新ができませんでした。
折角パソコンも使いやすくしたのでもっと活用したいのですが。

それではまた作業に戻りますー。
すごろくとか作ってみたいんですよねー。


未分類 | 01:11:14
コミケ受かってましたー
コミケに受かってましたー。

月曜日 東6 ツ51a 珈琲ミルク症候群です

たまたま書いてた、べびプリとラブライブのプロレス対決の小説書いてたからそれを持っていく予定です。

あとなんだろう、いろいろとやりたい事はありますね。
べびプリすごろくとか作れたら面白いと思います。


今回は日程が変則的なので、そんなに混まないんじゃないかなぁとか思いますし、ゆっくりしようかなぁと。

という事でせっせと作っております。






あと創作で、「うわぁ!異世界に行っちゃった!」っぽい話を書こうと思っております。
なんか最近そういうのが流行ってるっていうから、流行に乗ってみようという。

でもきっと全然流行に乗れてないのが出来ると思います。流行に乗るけど、方向が真逆のを作ります。

とりあえず書いたらどっかになんかします。





というか、べびプリ漫画が次回で最終回とか言われたり、もはや毎日が瀕死の状態です。

もうあの会社なんな(以下略)という呪詛ばかりが出てきますね。

なのはさんのお話も書きたいのです。最終話が。
ずっと資料をとっておいてあるのです。しかし、家族が一大事過ぎて、ずっと書けないでいるという。
こちらもなんとかしたいです。






という事でものすごい短いですけどこの辺で。
せっせと作業いたします。


未分類 | 10:25:07
アイカツ!は女児様向け!それゆえに面白い!見抜きしていいですか?
アイドルアニメ全盛期ですが、アイカツも楽しいですね。


アイカツ!

こちらが公式サイト。



アイカツの話する前に、今やってるアイドルアニメの雑感ですが。

・プリズム
アイドルというのを超えてもはや大河物になってきていて、枠に収まらない面白さ。脚本が凄い。

・ラブライブ!
基本が学園部活物なので、純正アイドルものではない。ただしゴッドの血脈を受け継いでいる作品なのでキャラの魅力が強い。

・AKB0048
SFものとはいえ、純正アイドルもの。ただし女児向けではない。バックボーンが色々と凄い。



そしてアイカツ!
アイカツは純正アイドルものにして、女児向けです。

それゆえに明るく元気で可愛い感じです。
プリズムやラブライブに見られるようなある種の残酷さ(それが面白いんですけど)はあんまりありません。女児様が見てて、アイドルに憧れちゃって、うっかりカードとか買っちゃう仕様です。
絵柄も基本的に目が大きくて少女マンガを意識した細身のキャラクターとなっております。リカちゃん人形とかああいう感じに近いかもしれない。


わりとアイドル物アニメでは全般的に大きなお友達へのサービスっぽい要素も見られるのですが、アイカツ!はあくまでターゲットは女児様っていう様式で作っています。


だから、それゆえに、大きなお友達は大興奮なんですね!!!

大きなお友達は世代にもよるでしょうけど、気分的にはセーラームーンを妹が見るから見てるんだからね!!っていう体で楽しめるんですよ。

女児向けに作られているがゆえに、女の子同士の自然なスキンシップ描写も多いですしね。
これですよ、これこそが無加工の百合描写ですよ。狙ってない感じの!!

そうは言ってもある程度は大きなお友達も意識はしているとは思いますが、そのウェイトが大きくならないように作っているように感じます。だから良いんですね。

「俺らは女児様向けに作ってるんだよ!おまえらじゃねぇ!!でも、まぁ・・・見たいなら、しょうがないにゃあ」


というような感覚でしょうか。

そう、見抜きですよ!!見抜きしていいですか??!?!?っていうアレの感覚。


アニメ飽食の時代に忘れ去られていた、この見抜きしていいですか感。
やっぱりこういう正統派があってこそだよなぁって思い知らされます。



詳しい内容に関して、全然書いてませんね。

主人公のいちごちゃんが一生懸命頑張って、仲間やライバルと一緒にアイドル目指す!!そのためには素敵な先輩達を超える気持ちで頑張るぞ!!っていう話です。かいつまみまくると。

アイ!カツ!!アイ!!カツ!!

という掛け声とともに、まるで男塾の決闘ばりの修行を行ういちごちゃんが魅力です。



・・・で、ですね。

ここまでのお話では、出てくるキャラがみんな良い子なんですよね。

悪い子が出てこないんです。
アイドルものって言えばやっぱり、ライバルキャラが意地悪してきたり、妨害してきたりとかあるじゃないですか。あとは仲間だと思っていたのに実は裏切っていたとか。更には幼馴染の仲間が主人公の実力に嫉妬して病んでしまうくらいの技とか身に付けてしまうとか・・・。


特に無いんですよね。
なんだか珍しいような気もしますが、これがまぁ今の女児向けに作った、ていうことなのかもしれません。
現実では悲酸なお話が毎日のように流れているんだから、アニメぐらいは楽しく見て欲しいって製作者の気持ちなのかもしれません。


そんなもんだから、

幼馴染のあおいちゃんが病んでしまわないかと、私は楽しみで楽しみで。

あおいちゃんは恐らく天性の才能とかは無い。けど、いちごちゃんのことは大好きだし、アイドルそのものも好き。でもいちごちゃんといずれはどんどん実力で引き離されてしまうでしょう。
そこで、あおいちゃんが大好きないちごちゃんを自分だけのアイドルにしたい!!!とか思ったり、いちごちゃんはいつも私の傍にいなくちゃ駄目なの!!ってことで、闇の力で倒そうとしたりね。
そういうのをうっかり期待しちゃうわけです。

現状そんなそぶりはなく、あおいちゃんもいちごちゃんもとっても仲良し。共に歩んでる感じですね。
ただあんまりライバルって感じの関係ではない。だからこそ危うそうなんですが。

いやまぁ前述したとおり、作品コンセプト的にそんな闇堕ちとかヤンデレとかそんな展開はたぶん無いと思うんですけどね。そういうのはプリズムが担当ってところもありますし。

しかし薄幸展開好きとしては見ていてとっても妄想が刺激されるのです。



と言う事で、とってもおすすめです!!

アイカツ!!







ラブライブ4話にみる「富野流」演出術

なるほど、これは勉強になります。

こういう演出の技法とか勉強したいなぁって思います。
しかしサンライズの凄いところの人をやっぱり起用してるんだなー。



・美味しんぼ : 連載再開で「福島の真実」編スタート 震災後の福島が舞台

雁屋先生が動いた・・・んだろうなぁって思ってしまうわけですが。
でもこれはこれで読んでみたいので、忘れないようにしよう。





そういえばグレンラガンの再放送してますね。
初めて見るんですけど、面白すぎます。BOXとかうっかり買ってしまいそうなくらいに。


未分類 | 22:57:20
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。