■プロフィール

梅入

Author:梅入
トゥルー県在住な
漫画中毒者です
最近は自作小説作ってます

めぇる↓
うめいり1あっとgmail.com
「うめいり1あっと」を半角英数にして下さい。返信はコメントとかのが反応は早いです


ツイッターしてます

pixivはこちら




:::イベント:::


True my Family

文学フリマ

■↓将来欲しいメイド人数

■魔法少女リリカルなのは二次創作小説
■Baby Princess二次創作小説
■その他二次創作
■オリジナル創作小説

    準備中

■最近の記事
■カテゴリー
■Twitter,ネット情報関連
■日記、文章(敬称略)
■絵、漫画系(敬称略)

■創作(二次)小説系(敬称略)
■小説情報系(敬称略)
■社会情報
■食べ物屋メモ
■その他
■お知り合い
■ブログ内検索

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ユキちゃんがぁ!!あー、あと19プリで発行するもののお話
ついに来てしまったのか!?ユキちゃんの病状が悪くなっちゃう時が!このタイミングで!?

まさかバレンタインを控えたこの時期にユキちゃんの体調に異変があるようで、お兄ちゃんは心配でなりません。いずれはやってくれるであろうと思っていた綿雪ちゃんの病状悪化ですよ。これはきっとこれからも何度も起こり得ることだと思うので、オロオロしてるだけではいけません、お兄ちゃんとして出来る限りの事をせねば!

まぁそれはそれとして、綿雪ちゃんの病弱系薄幸イベントに興奮しまくり。
いけないお兄ちゃんでごめんね。
綿雪ちゃんが幸薄くなって、どうやって「しあわせ・しあわせ」になるのか、今から楽しみで仕方ない。バレンタインと絡めてくる可能性も時期的に考えて十分に考えられるので、こいつぁノンビリ仕事なんかしてる暇はねぇな!!
2/14は身を清めてパソコンの前で前屈みで日記更新を見たいところ。





BabyPrincessオンリーイベント「19princess」 2/11開催。

コピー本作ったので、持って行きます。一冊100円です。
non titleさんの所で委託させてもらいますー。スペースでお手伝いとかもしてます。
配置は『ぞう組-13』という事で、フレディ臭のするところです。


本の内容は、海晴×麗がメインの百合小説です。
・・・というか、麗が一生懸命頑張る小説です。
麗が海晴お姉ちゃんのために滅茶苦茶頑張る所が書きたくて仕方なかったので書きました。


エッチな所も病んでる所もほぼ無いです。若干バイオレンスジャックなシーンはありますけど、そんなでもないです。ちょっとでもそういうのが苦手という方は申し訳ないですけども、えりろーん出版さんとかの真っ当に幸せ家族な小説本とかを買っていただければと思います。

わりかしギャグっぽい色合いを強くしてあるので、良く考えると案外珍しいです。
最初と真ん中と最後との落差にクラクラしながら読んでもらえたら幸いです。

書いてる当初はその「クラクラ感」を重視し過ぎて、落差が清水の舞台から地底王国まで落っこちちゃって、マグマと一緒に再浮上するとか・・・そのぐらいになってしまったので、塩加減を弄りました。
成分無調整版はキュウビが肉を食い千切ったり、骨を噛み砕くとか、まぁ他にも色々あったので・・・ひょっとしたら5月のヤンデレオンリーの時にでも、編集して発行してみようかどうしようか。


あとはページが余ったりしたので、最近落書きしてたのを載せたりなんだりしてみました。

いつも本編の後に入れてる、出演キャラのどうしようもない暴投会話は今回も何とか入れてありますが、時間の都合で20分くらいでざーっと書いて、校正も出来なかったのでオチが思いつけませんでした。
本を作るときに、自分への御褒美のページなのに・・・くやしい!(ビクッビュルッ)


という事で参加できそうなので、お近くまで来られた方はよろしければどうぞお願いします。




・冬景色

綿雪ちゃんです!さぁ、金曜日の恒例としてフリになってると思われる今日の日記。
来週以降、バレンタインまでになんか動きがありそうで、ユキちゃん大好きな身としてはタマランです。

良く考えたら、綿雪ちゃんは昨年夏ごろにG's本誌でミキちゃんとの件がSSになって以来、あまり大規模なイベント、事件を起こして居ない様に思います。そんな訳で、ここでなにやら恐ろしいフリが来てるわけで・・・。

どうなっちゃうのか心配で楽しみで仕方ない。


:::
白いような
青いような
灰色のような――

冬の色。

:::

綿雪ちゃんの感受性がどんなもんなのか感じられる表現。
冬の色が好きなのかどうなのか気になるところです。

:::
お庭の木さんたちも
みんな葉を落として
枯れたような枝ばかり。

:::

綿雪ちゃん+枯れ木=超可愛い。
薄幸少女好きなら、自然とそうなる法則ですね。

ああ、なんだか今日の綿雪ちゃんからはくすんだ匂いとか色を感じられるなぁ。


寒いお外でも元気に遊ぶ妹達が羨ましいと言った矢先・・・

:::
あ、いけない――
また少し――
胸がドキドキしてきたみたいです。

あのね。
さっきから、ちょっとだけ――
体が熱い気がするの。

:::

ユキちゃん!?
やばい・・・我慢強いユキちゃんが自らこんな風に言うという事は、よほど我慢しきれないぐらいに体調が悪いということなんじゃ・・・。


:::
うぅん、大丈夫。

きっと気のせい!


でも――。
もしものことがあるといけないから。

誰にも見つからないうちに――
今日はこうしてお部屋のベッドで、
じっとしていなくちゃ――。

:::

綿雪ちゃんのこの悲しいぐらいに聡い所が可愛くてしょうがない。

お願いだからもう少しだけ子供らしく甘えたり、泣いたりして欲しい。
綿雪ちゃんはあの歳で、病院生活から得た経験で精神年齢が上がりすぎてるのかもしれない。
しかも無自覚の内に。


:::
明日はにじちゃんの誕生日だもの。
せめてそれが終わるまでは――
ユキが病気で寝てたらせっかくの
お誕生日が台無しでにじちゃんがかわいそう――

:::

もう言葉もありません。
綿雪ちゃんが可愛すぎて可愛すぎて・・・。
どうしてこんなに我慢強い子に・・・。

綿雪ちゃんが自分の体をこうして削っていく姿は献身的と見るべきなのか自棄的と見るべきなのか・・・なんとも言えない所。
ああ、駄目だ綿雪ちゃん可愛い、幸薄いはちょっと病んでるは健気で一生懸命でお姉ちゃんでいじらしいとかトゥルー家族で最も私の好きな属性を狙い撃ちしてくれる!!


高熱で意識が闇に落ちる前、綿雪ちゃんが俺に言ってくるわけです。

:::
だから――ユキの手を握ってて欲しいの。
ユキが眠るまで――。

そしたらきっと元気になるから――
それまでのあいだちょっとだけ――。

手が熱いのは――
みんなには内緒にしてください――
ね……

:::

綿雪ちゃんが漂わせるこの灰色というか錆色というか朽ちていくような感覚を匂わせる・・・だって、綿雪ちゃんはまだ小学一年生ですよ!小学一年生がここまでの境地に至っているのは結構異常な事態だと思うのです。
それだけ綿雪ちゃんのこれまでの病院生活とかが濃かったんだろうと思うんですが。

願わくばミキちゃんが綿雪ちゃんを助けてくれればと思います。
夢の中でミキちゃんに会ったとか来週の更新でそんな描写が入ったら失禁するほど喜びます。


ちょっと原稿明けなもんで、脳味噌フラフラで変な感想になっちゃってるけどとりあえずこんなもんで。
とにもかくにも来週の綿雪ちゃんからは眼が離せません。





・暴想処女2巻 「ハメさせない」 性的な意味で

超面白い処女の2巻!!

あのですね、「イッパツ危機娘」が帰ってきたような、素晴らしいアホ漫画です。
原田重光先生は今はユリア100式原作者として活動してますが、以前はイッパツ危機娘という素晴らしく頭の悪い漫画を描いていたのですが・・・その思い出をスコップで掻き出してくれる素晴らしいアホ漫画です。

処女を守るためならフェラも手コキもいとわない!
というより、貞操を守るためならあらゆる手段を講じる!!


そんな鉄則により動いてるのが最高に良い。
主人公の牧野さんの人間不信っぷりと空耳っぷりは神がかってる。

しかも攻撃的性格のせいで、処女を奪われそうになると(勝手な思い込みだけど)逆に男を先に射精させてしまうという逆姦までしちゃう。

恐らく手コキで彼女に勝てる人間はそう居ないでしょう。
処女にして手コキの技能に関しては泡姫のそれを凌駕している。



素晴らしく頭の悪いキャラは最高ですね。
そりゃ本誌に引っこ抜かれるわけです。

榎本ハイツ氏(=酉川宇宙氏)という事で、エッチな漫画でも活動していらっしゃいます。興味のある方はいかがでしょうか





・放課後プレイ ネコミミ眼鏡彼女さん

一生懸命用意してたんだろうなぁ。可愛いわー。

あの彼女さんが泣いちゃう所が可愛すぎて悶えて悶えて悶えまくってどうにもならなくなったですよ。
いじらしいわ、泣き虫だわ・・・どうにもならない可愛さ。

そして黒スト、足踏み、Sキャラ・・・と思わせておいて恐らくはMキャラな所がクオリティ高すぎる。



・「ベン・トー」の氷結の魔女

破れたストッキングで魅力が飛躍的に上がっている先輩。
今回は意外な一面とかが見られてますます惚れちゃう。

3巻、すげぇ面白かった。
双子姉妹・梗と鏡が出てくる分けですが、帯とかにも書いてある通りの内容です。

話の流れがウナギ弁当争奪戦に向かって引き絞られていくのが読んでて心地よかったです。
何と言うか話の山に向けて加速集約させるのが凄く上手いなぁと思います。尊敬します。

双子姉妹の泣いちゃうシーンとか、タマリマセンね。
狼達がかっこよすぎる。

それはそれとして、白梅さんとか白粉さんとかマッスル刑事の話が端折られるのはもったいないのでこの際、別冊付録でも良いから付けて下さい。



・俺の家族(=麗)がこんなに可愛いわけがない

凄まじくキャッチーな表紙!!
これならG'sマガジンでコミックされるのも頷けますね。

べびプリのコミックはまだなのかなぁ・・・。





ああ、流石に限界。眠い。
コピー機の前で1時間以上立ってるとマジ疲れる。マジで。

あ、今日トゥルーなラジオやってたんかぁ。
初めて聞き逃したかも。次回は気をつけよう。

という事でもこんなもんで。


テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

日記 | 01:32:30 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。