■プロフィール

梅入

Author:梅入
トゥルー県在住な
漫画中毒者です
最近は自作小説作ってます

めぇる↓
うめいり1あっとgmail.com
「うめいり1あっと」を半角英数にして下さい。返信はコメントとかのが反応は早いです


ツイッターしてます

pixivはこちら




:::イベント:::


True my Family

文学フリマ

■↓将来欲しいメイド人数

■魔法少女リリカルなのは二次創作小説
■Baby Princess二次創作小説
■その他二次創作
■オリジナル創作小説

    準備中

■最近の記事
■カテゴリー
■Twitter,ネット情報関連
■日記、文章(敬称略)
■絵、漫画系(敬称略)

■創作(二次)小説系(敬称略)
■小説情報系(敬称略)
■社会情報
■食べ物屋メモ
■その他
■お知り合い
■ブログ内検索

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
麗と駆け落ちしたい妄想SS の荒書きみたいな妄想 &日記
麗と駆け落ちしたいです。

こんばんわ。

昨日、今日の日記感想。

つまり、麗と一緒に夜行列車に乗りたい、それも帰ったら怒られるの前提で。

あまりの興奮ぶりで、久しぶりにコメント書き込めました。これも麗が可愛すぎるからだ。






下記からちょっとしたSSめいた妄想の羅列。


麗に泣きつかれた俺。

今までの家族旅行ではずっと涙を飲んで我慢してきた麗を目の当たりにしてきた。
麗だって、大好きな電車に「みんなで乗る」のが楽しみだったはず・・・。それでも大家族ゆえの事情から実現不可能。それはきっと過去にも繰り返されてきた光景で、麗は心のどこかで「家族全員で家族旅行なんて無理」と思ってるフシがある。

そんな折、麗の憧れだった夜行列車が姿を消そうとしている。
それはまるで麗が目の前に転がっている魔法の夢が消えて行く様を見せ付けられてるような残酷さ。

麗に泣きつかれた俺。

「俺が連れてってやる!!」

そう叫んで、麗の手を掴んで走った。
時間は既に深夜に差し迫っていた。そんな中、俺は戸惑った表情のままの麗を連れて玄関まで辿り着く。

物音に気付いた海晴姉やヒカル、春風姉さんがやってきた。
麗の日記を読んでいる3人は、既に俺と麗が何をしようとしてるのか気付いているのかもしれない。
ヒカルが俺の手を掴もうとするけど、潜り抜けるようにかわす。春風姉さんが二人だけなんて危ないから駄目!と叫んでいる。なぜか、海晴姉ちゃんだけは、何も言わずに微笑みながら見送ってくれた。

外に出た俺と麗は自転車に二人乗りをして、温い風が吹く9月の深夜、駅を目指す。

「どうするの!?これじゃあ、帰った時、いつもの倍以上にお仕置きされちゃう!あなたまで怒られるわよ!!」

俺の胸に両手を回して抱きつきながら麗が叫ぶ。
かまわず、俺は全力で自転車のペダルを踏み続ける。

駅に到着。
帰宅する会社員や大学生がチラホラ居る程度の平日深夜の駅舎。

机の上から持ってきた財布を広げる。
とても、二人分の18きっぷは買えそうになかった。

「ねぇ、もう帰ろう・・・。私は・・・もう、良いから・・・。ここまで、連れてきてもらっただけで・・・」

俺のシャツの袖を掴んで、抑えた声音で言う麗。
その瞳は、子供が浮かべてはならない諦念を湛えている。

俺は麗の手を再び掴み、自転車に向かう。

「行くぞ、俺がお前の魔法代わりになってやるから」

「な、何言って・・・」

「ここから、自転車だけで岐阜県大垣市までってどのくらいかかるんだろうなぁ・・・」

「・・・まさか、じ、自転車で線路を辿ろうって言うの!?」

「バカみたいだよなぁ・・・。でも、金も持ってない俺がお前にしてあげられるのってこれぐらいしか思いつかないしな。さぁ、乗れ!早くしないと来週の月曜になっても学校行けなくなっちゃうからな!」

自転車の荷台に座ったまま、麗は一瞬呆然とした表情を浮かべてから、いつものように元気に声をあげてくれる。先程までの悲愴感はもうどこにも無い。

「・・・あんた、本当にバカね。バカバカバカバカ!最低よ!!寝台列車の乗り心地と自転車の荷台じゃ比べるのもおこがましいわ!!」

「じゃあ、せめて途中で座布団買ってやるから、それ使え」

「当たり前よ!ほら、早くいきなさいよ!まずは東京駅よ!次は品川、横浜、大船、小田原・・・。ふふ、先は長いんだからね♪」


そうして始まった、無計画な自転車旅行。
帰ったら、きっと家族みんなに怒られるんだろうなぁ。心配もかけちゃうし。

それでも、笑顔の麗が俺の体にしがみついてくれているのを感じていると不思議と気分が明るくなる。
たまには、我侭なお姫様の願いを叶えてあげるのも兄の役目なんだと思う。

空に浮ぶ月明かりを頼りに、俺は線路を辿る。





とか、ここまでの妄想があっという間に30分たらずで書けるぐらいには麗可愛かった。

いかん、これそのまんま清書しちまいてぇ!
珍しく、本当に珍しく・・・私がちゃんとトゥルー俺を書けますね。しかもなんか普通にキャッキャウフフとまでは行かなくても青春モノくさいですよ。なんだこれ奇跡か?

という事で、リリカルの箸休めかなんかに書いてみるかもしれません。





で、大分話が長くなりましたが、
WEB拍手返信

・春風さん×ヒカル×ホタは公式でも匂わせているかと、前にヒカルが嵐の夜とかそんなので書いてましたし

:::

そうすると、なんかもう海晴お姉ちゃんの麗可愛がりっぷりも百合フラグですよね!!

ああ、やっぱり嵐の夜の話は百合っぽいよなぁと感じてる人多いんですね、安心しました。

つう事は、春風×ヒカル×蛍の百合カプも結構認知されてるのかなぁ、嬉しいです。
以前、人に言ってみたら今一つこのカプ妄想は反応が鈍かったんで、まだあんまり認知されてないのかなぁと思ったんです。

でも、こうして春風とヒカルと蛍のあの素敵すぎる仲良し3人組の百合とかカプ妄想してる方が居たので安心&嬉しいです。


まず、春風お姉ちゃんとヒカルちゃんは私の脳内では既に結婚済みなぐらいに百合ってます。
どのくらい春風×ヒカル好きかって言うと、うっかりこのカプだけで3つぐらい二次創作小説書いてるぐらい。ヒカルちゃんがいつも世話を見てあげてるはずの春風お姉ちゃんに助けられるという展開だけで御飯が何杯でも食べられます。


あと海晴×麗もいいかなぁと思うんですよ。だって、あの二人本当はきっと仲良しだもん!

つうか、色々百合妄想できる匂いが凄いんですよね、トゥルー日記。
百合好きの人にもお勧めかもですね。
変化球だと、立夏×麗とか春風×麗とか海晴×ヒカルとかも私は妄想できちゃってます。

そんな訳で拍手ありがとうございました。





ということで。
麗可愛いわぁ。

駆け落ちしたいわぁ。

駆け落ちしたい妹NO1、今の所。

テーマ:日記 - ジャンル:アニメ・コミック

日記 | 00:36:41 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。