■プロフィール

梅入

Author:梅入
トゥルー県在住な
漫画中毒者です
最近は自作小説作ってます

めぇる↓
うめいり1あっとgmail.com
「うめいり1あっと」を半角英数にして下さい。返信はコメントとかのが反応は早いです


ツイッターしてます

pixivはこちら




:::イベント:::


True my Family

文学フリマ

■↓将来欲しいメイド人数

■魔法少女リリカルなのは二次創作小説
■Baby Princess二次創作小説
■その他二次創作
■オリジナル創作小説

    準備中

■最近の記事
■カテゴリー
■Twitter,ネット情報関連
■日記、文章(敬称略)
■絵、漫画系(敬称略)

■創作(二次)小説系(敬称略)
■小説情報系(敬称略)
■社会情報
■食べ物屋メモ
■その他
■お知り合い
■ブログ内検索

■月別アーカイブ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
世界名作劇場新作「レ・ミゼラブル少女コゼット」/第32話 あの日の面影 感想
夏休みだからいてもたっても居られず更新されたばかりのコゼットさん見ちゃう!
ということで感想。

今回はエポニーヌさんに注目したい!





ああ、子供の頃買ってもらった人形まだ持ってる。
やっぱ何かのアイテムとして使われる時が来るのだろうか。

ジャンはまだ療養中。穏やかな時間が流れています。


その頃、牢獄にぶち込まれたテナルディエ。
なんとか再起を図ろうとしている模様。


で、警察の手を逃れたエポニーヌさん。
行く当てもなく誰も居なくなったゴルボー屋敷を訪れる。

ていうかヤバイ、今回作画良い、エポニーヌさん可愛い。


なんだか一人になって吹っ切れた様子。
その辺結構逞しい辺りがますます可愛い。
でもあまりの逆境と孤独にマリウスに会いたいと願うエポニーヌ。

もう本当古来から引き継がれる
「身分に差がある恋」とかまじたまらん。


マリウスはエポニーヌとニアミス。
そのまま父の友人と会う。
貧しいながらも慎ましい暮らしをする姿に同情するうマリウス。


ああ、馬車に泥水ぶっかけられるプレイなんて!
エポニーヌさん可愛い!


エポニーヌさんはマリウスが立ち去った後にその家を訪れる。
水まきを手伝う姿は「妖精」のよう。


うまい事マリウスの居場所を教えてもらってマリウスに会えたエポニーヌさん。
しかし折角会えたマリウスはコゼットさんの事を聞きたがる。
それでも会えただけ嬉しそうなエポニーヌさん。


甲斐甲斐しくも翌日にはエポニーヌさんはコゼットさんの後を追い、家まで突き止める。

そしてエポニーヌさんは見てしまう、
コゼットさんが手にしていた人形。

それは子供の頃、最後に見たコゼットさんが手にしていた人形だったのです。


ついにマリウスが好きな相手がコゼットだと気づいちゃったエポニーヌさん。
自分の惨なめな姿に悔しい思いが募る様子。
奥歯を噛みしめ、鉄柵を力の限り握るその姿は哀れの一言。


しかしその日の夕方に、エポニーヌさんはマリウスに正直にコゼットの家を教える
それは残された最後のプライド、
惨めな自分をこれ以上貶めないための。


やばい、エポニーヌさん可愛い。カコイイ!
嘘言ってマリウスをコゼットさんに会わせない事も出来たのに、それをしない最後のプライドが残っているの可愛すぎる!

薄幸少女の「残された最後のプライド」とかそんなん大好きすぎ!


ああ、なんかこう何とかしてコゼットさんもエポニーヌさんも幸せになるEDは用意できないんでしょうか。
エロゲで言うならハーレムエンドみたいな。
ああ、でもなんかそんなんヤダ。


ちょっともうエポニーヌさんが可愛そう過ぎて可愛くて好き。
後半の主役はやっぱエポニーヌさんに思えてしまうというか肩入れしまくり。


あとはコゼットさんとの直接対決を残すのみ。
どんな事になるのか股を濡らして待っちゃう!

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

「少女コゼット」感想 | 09:49:21 | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。